いやーなニキビは出来る前に予防を!ニキビ予防に役立つ食べ物10選

ニキビ対策にはいろいろな方法がありますが、毎日の食生活を見直すことも大切なニキビ予防と言えます。特に、外食や偏食が多い方は栄養バランスが崩れやすく、ニキビが発生しやすくなります。

ニキビに有効な栄養素を持つ食べ物をご紹介するので、食生活に取り入れニキビや肌荒れ予防に役立ててくださいね。

1、納豆

納豆には抗酸化作用があるビタミンB2が豊富に含まれています。

また、納豆に含まれる大豆イソフラボンは美肌を作るエストロゲンという女性ホルモンに似た働きをするため、ホルモンバランスの乱れなどをサポートしてくれます。

納豆は肌の新陳代謝を促すためにも、積極的に取り入れたい食べ物です。

2、赤パプリカ

ビタミンCは過剰な皮脂分泌を整え、ニキビや角栓の詰まりを予防してくれます。緑黄色野菜の中でも、赤パプリカは特にビタミンCが豊富に含まれています。

また、赤パプリカに含まれているビタミンCは熱に強いという特徴があるので、加熱することで肌の角質化を防ぐβカロテンの吸収率が上がると言われています。

3、鶏の手羽先

手羽先には、皮膚を作り肌の弾力を保つコラーゲンが多く含まれています。また、新陳代謝を促進したり、老廃物の排出を促す働きもあるのでニキビ予防につながります。

ですが、大量に食べてしまうと油分の取り過ぎにつながるので注意しましょう。

4、豚肉

動物性たんぱく質の中でも、豚肉にはビタミンB群ミネラルが豊富に含まれています。

脂肪分が少ないこともあり、ニキビが気になるときは肉の中でも豚肉を選ぶと良いでしょう。ですが、脂身は脂肪分が多いので赤身部分を選んで取り入れましょう。

5、アボカド

栄養価が高く森のバターとも呼ばれるアボカドは、ビタミン類のほかにもコレステロールを下げるリノール酸オレイン酸を含んでいます。コレステロールを下げることで、皮脂分泌を抑える効果も期待できるのでニキビ予防には欠かせない食べ物です。

ですが、食べ過ぎると腸を刺激し腹痛や下痢を引き起こす場合があるので、1日半分程度を目安に摂取しましょう。

6、ウナギ

ウナギは栄養価が高く、ビタミンB群、ビタミンA、ビタミンEやミネラル、良質なタンパク質も豊富です。そして不飽和脂肪酸が含まれているので血液をサラサラにし、肌荒れやニキビの予防につながります。

さらに、コラーゲンも豊富なので細胞に栄養を届けたり肌の生まれ変わりを促す働きも期待できます。

7、ブロッコリー

ブロッコリーはミカンの4倍ものビタミンCを含んでいます。また、ビタミンEやビタミンB群も含んでいるのでニキビ対策には積極的に取り入れたい食べ物です。

そしてブロッコリーの茎は固くて食べにくいこともあり、料理に取り入れにくいのですが、ビタミンCがつぼみ部分より豊富と言われています。ですから、ブロッコリーを食べる際は茎や葉も綺麗に洗い、ゆっくり加熱し丸ごと食べることがお勧めです。

8、アーモンド

アーモンドは天然のサプリメントと呼ばれるほど栄養価が高く、便秘予防に欠かせない食物繊維が豊富です。そんなアーモンドは欧米ではスーパーフードとして美意識が高い方に人気です。また、ビタミンEやミネラルが豊富なのでホルモンバランスを整え、ニキビを予防する働きも期待できます。

アーモンドの脂質がニキビに良くないと思われがちですが、アーモンドは良質な脂質なのでそこまで気にする必要もないでしょう。また、20粒食べても120カロリー程度なのでダイエット中のおやつとしてもお勧めの食べ物です。

9、卵

完全栄養食とも言われる卵は、良質なタンパク質が多くニキビに効果的です。また、体内では作り出すことのできないカルシウムや亜鉛、マグネシウムなどのミネラルも豊富なので、そのようなミネラルを摂取する際は卵を食べると良いでしょう。

食事に卵を取り入れるときは、固くゆでたり目玉焼きにすると消化に時間がかかるため半熟卵にして食べることがお勧めです。

10、レバー

牛、豚、鶏を問わずレバーには豊富な栄養素が含まれています。ニキビ対策に効果的なビタミンB群やビタミンAのほかにも、良質なタンパク質やミネラル、鉄分など沢山の栄養素を持ち合わせています。

また、肌や粘膜を健康的に保つ働きを持つナイアシン、脂質や糖質の代謝をサポートしてくれるビオチンも含まれているため、ニキビ予防に欠かせない食べ物と言えます。女性に多い貧血の改善のためにも、レバーは積極的に取り入れましょう。

ニキビがどうしても治らないときは美容クリニックに行くのが一番

ニキビに効果的な食べ物を沢山取り入れていても中々改善しないという場合は、ニキビ跡を作らないためにも美容クリニックで治療してもらいましょう。

ニキビは、症状に合わせた内服薬や外用薬によって改善できます。また、イオン導入ケミカルピーリングなども効果的です。

間違ったセルフケアや治療で、ニキビ跡が出来たりニキビがさらに悪化してしまう可能性もあるので、早めに美容クリニックで相談することが大切です。

 

 

TOP