QスイッチYAGレーザーで美肌になる!?クリニックでできるレーザーで憧れの美肌に!

今は美意識が高い方がどんどん増えているので、皮膚科や美容クリニックでお肌を管理している方も少なくないでしょう。

特に、女性は肌に年齢が表れやすいので、日頃のスキンケアに加えて、定期的にしっかりとメンテナンスをして、若々しい肌を維持することが理想です。

では、美容クリニックではどんな施術が美肌に効果的なのでしょうか。今回は、若々しい美肌を保ちたい方におすすめのレーザー治療についてご紹介します。いつまでも美しくありたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

しみの種類

肌悩みで多いのは、紫外線のダメージによるしみです。まずは、しみの種類について見ていきましょう。

老人性色素斑

平らで境目がはっきりした暗いしみです。中年以降に増えるしみで、女性が悩むほとんどのしみはこの老人性色素斑の可能性が高いです。

そばかす(雀卵斑)

そばかすは雀卵斑とも呼ばれ、直径が数ミリ以下の小さなしみです。鼻の周りや頬の高い位置などに多く現れます。ほとんどのそばかすは、3歳ころに出始めて、思春期の頃に特に目立つようになります。このそばかすは、生まれつきのものが多いです。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着は、化粧品やニキビなどによる肌の炎症やダメージが治った後にできる褐色のしみです。性別や年齢に関係なく現れます。

また、顔だけではなく体全体にできる可能性もあります。

肝斑

肝斑は、顔に左右対称にでき、目の周りを避けて現れるしみです。境目がなくぼんやりと現れます。

【種類別】気になるしみの治療方法

レーザー治療のメリット

美容クリニックでよくあるレーザー治療ですが、施術を受けることでどのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

毎日のスキンケアは非常に重要ですが、しみやくすみ、小じわ、たるみなどの肌老化が進んだ肌は、セルフケアだけではなかなか肌悩みが改善しない可能性があります。

しかし、レーザー治療は肌の深い部分にまでレーザーを届けるので、肌悩みを根本的に改善することができるのです。そのため、あらゆる肌悩みを改善へと導いてくれます。

このように、レーザー治療の最大のメリットは、セルフケアでは難しい高い効果が実感できるところです

特に、しみやそばかす、くすみ、毛穴開き、たるみなどの肌老化でお悩みの方は、一度レーザー治療を受けてみることをおすすめします。

【しみの種類別治療法】ベストな治療法でしみの無い美白肌へ

念入りにケアしても消えないシミはほくろかも?ほくろ除去で透明感のある肌へ

美肌に近づくQスイッチYAGレーザーとは?

美しい肌を目指す方におすすめなのが、QスイッチYAGレーザーでのレーザートーニングです。

QスイッチYAGレーザーは、2種類のショートパルスとロングパレスのレーザー機能が搭載しており、レーザー照射部のパワーが均一になるようなトップハット型照射によって、これまでレーザー治療が向いていないといわれてきた肝斑などのシミの治療にも効果的なのです

QスイッチYAGレーザーはこんな方におすすめ

  • 肌の暗いくすみが気になる方
  • 小じわが目立つ方
  • 毛穴の開きや毛穴の黒ずみが気になる方
  • しみが濃くなってきた方
  • 肌を若々しくしたい方
  • 全体的にハリが欲しい方
  • 体の色素沈着が気になる方

QスイッチYAGレーザーでのレーザートーニング

レーザー治療は痛みがあるというイメージがあるかもしれませんが、QスイッチYAGレーザーは、肌を輪ゴムで軽くはじいたような刺激があるだけです。

そのため、麻酔をするほどの痛みはありません

QスイッチYAGレーザーを照射後は、照射した部分がかさぶたになり、数日から数週間程度でかさぶたが自然とはがれていきます。そして、新しいきれいな皮膚に生まれ変わるのです。

また、照射後は一時的に色素沈着が起こって、しみやくすみが濃くなるように見える可能性がありますが、徐々に薄くなってきれいになるので心配する必要はありません。

効果が出るまでの期間について

先ほどご紹介した通り、しみと言ってもさまざまな種類があり、人によって形や原因、色、大きさ、色素沈着の深さなどが異なります。そのため、QスイッチYAGレーザーの効果の現れ方も人によって異なるのです。

しかし、メラニン色素が比較的薄いしみやそばかす、くすみなどは、1回の施術でも効果が表れることがあります。

しかし、色素沈着が深くて皮膚の真皮層にまで及ぶしみの場合は、QスイッチYAGレーザーを定期的に数回打って、治療を進めていくことをおすすめします。

しみ以外にも効果的なレーザートーニング

QスイッチYAGレーザーなどのレーザートーニングは、しみのほかにもいろいろな肌悩みに効果があります。

毛穴の開きやくすみの改善

レーザートーニングは、数回照射を繰り返すことで、肌のくすみや毛穴の開き・たるみを引き締めるといった美肌効果が期待出来ます。

また、レーザートーニングは産毛を取り除く効果もあるので、産毛によってくすんで見えていた肌を明るく見せる効果も期待できます。

さらに、レーザートーニングは顔だけでなく体の気になる部分の色素沈着やくすみにも効果的です。

ほくろやあざを薄くする

一般的に多く見られるあざは、皮膚の深い位置でメラニン色素が一時的に増加してできています。ほくろは、皮膚の表皮層の部分にある表皮基底層などにメラニン色素が増えることによってできています。

そのため、レーザー治療ではしみとアプローチする皮膚の深さが異なるのです

しかし、QスイッチYAGレーザーは2種類のレーザーを切り替えることで、その症状に合った治療を行うことができます。

このように、QスイッチYAGレーザーはしみだけではなく、肝斑やあざ、凸凹のないほくろ、目立つ色素沈着などを薄くすることが可能です。

【ほくろ・いぼを取り除く】2つのレーザー治療について

意外と見られてる!?ひざ・ひじ・くるぶしの色素沈着は○○で改善しよう!

QスイッチYAGレーザーの注意点

QスイッチYAGレーザーは医療用に開発されたレーザーなので、高い効果はもちろん、安全性も確かです。しかし、肌にレーザーの熱エネルギーが加えられるので、肌に一時的に刺激が加わり、照射後の肌はデリケートな状態となります。

そのため、QスイッチYAGレーザーの施術後はアフターケアが大切なのです。

紫外線のダメージによって肌が炎症しないように紫外線対策をしたり、患部を強くこすったり強い力でマッサージしないように気を付けましょう。

冬に映える美白肌は作れる!透明感のあるお肌が手に入るスキンケア集

 春は美肌治療でデビューしたい!シミを取り除く驚きの方法とは?

頑固な肌悩みはレーザーで一気に解決!

いかがでしたか?

肌悩みは加齢とともにどんどん増えていきがちです。そのため、少しでも肌悩みが気になり始めたら、早めに適切なケアや治療をすることが大切です。

特に、しみは放置すると紫外線の影響で濃くなったり大きくなる可能性があります。

美容クリニックでできるレーザー治療は、いろいろな種類のしみに合ったものがあります。ぜひ、自分の症状に合った治療で、しみのない美肌を手に入れてくださいね。

TOP