バストアップするためには生活を変えよう!胸を小さくするNG習慣5選

「今より胸を大きくするために色々ケアしているけど、イマイチ効果が出ないのはなぜ!?」

このようなことを考えている女性は沢山いるのではないでしょうか。バストアップは簡単に出来ることではないので、思うように結果が出ないことも多いでしょう。

ですが、もしかしてあなたの何気ない生活習慣が、バストアップどころか余計に胸を小さくしてしまっている原因なのかもしれません!バストアップを邪魔する原因となっているかもしれないNG習慣を5つご紹介するので、皆さんもチェックしてみましょう。

1、猫背などの姿勢の悪さ

普段から姿勢が悪く、猫背気味になっている方は胸が大きくなりにくいと言われています。

猫背になると肩や首回り、背中の大きな筋肉が凝り固まり血行不良につながります。血流が悪くなると、栄養が全身に行き届かなくなり、老廃物が排出されにくくなります。

すると、胸にも必要な栄養素が届きにくくなり、バストアップを妨げる原因となってしまいます。また、猫背だと常に胸が下向きになり、形が悪くなったり垂れてしまう原因にもなるのです。歩いている時はもちろん、座っている時も常に背筋を真っすぐ、胸を張ることを意識してバストアップを目指しましょう。

特にデスクワークの方は長時間同じ姿勢でいるので、定期的にストレッチをするなどしましょう。

2、ブラジャーのサイズが合っていない

同じブラジャーを何年もつけていたり、試着せずにブラジャーを購入している方はブラジャーのカップのサイズがきちんと合っていない場合があります。

自分の胸の形やサイズに合ったカップのブラジャーを着けていないと、胸をつぶしてしまい形が崩れる原因につながります。また、大きすぎるブラジャーは、胸をしっかり支えられずにカップの中で胸が動いてしまうので胸が小さくなってしまいます。

女性は、妊娠や出産、環境の変化やホルモンバランスの変化などでバストのサイズが変わりがちです。定期的に下着専門店などでフィッターさんに正しいサイズを測ってもらい、自分の今の胸のサイズに合ったブラジャーをつけましょう。

帰宅するとブラジャーを外してリラックスする方もいますが、バストアップのためには常にブラジャーを着用することが大切です。また、寝ている間も、寝返りによって胸が動くのでナイトブラなどでサポートするようにしましょう。

3、無理なダイエットをしている

ダイエット中の女性は多いと思いますが、無理なダイエットは大変危険です。食事を極端に減らしたり、過度な運動、サプリメントだけで過ごす…などのダイエットを長期的に続けていると、ホルモンバランスを崩したり生理不順を引き起こす可能性があります。

特に、〇〇だけしか食べない単品ダイエットや置き換えダイエットなどは栄養バランスを崩してしまいます。バストアップを妨げるどころか、健康を害する恐れもあるので絶対に避けましょう。

バランスの取れた食事で必要な栄養をしっかり摂ることが結果としてバストアップに必要なものになります。

4、タバコを吸っている

仕事の合間や食後など、タバコを吸う習慣がある方は女性でも増えています。

タバコはニコチンという有害物質が含まれているため、喫煙することは血管を収縮させたり女性ホルモンの分泌を低下させる可能性があります。また、1日の喫煙本数が多いほど肺がんでの死亡リスクが高まるとも言われています。

血流が悪くなればバストアップに必要な栄養や酸素が行き渡らないことになりますし、バストアップにも悪影響です!また、肌荒れや肌老化の原因につながります。

タバコは「百害あって一利なし」と言われているように、体にとって良いことはありません。タバコを吸っている方は、これを機に禁煙を始めてみてはいかがですか?

5、慢性的な冷え性

女性は男性より冷えやすいため、手足が常に冷えているという方も多いでしょう。このような冷え症は、血行不良が主な原因です。

血行不良が続くと、栄養がバストに行き届かなくなるためバストアップを妨げてしまいます。「冷えは万病のもと」と言われているように、冷え性を放っておくと体調不良や肌荒れ、婦人病などにもつながるのです。冷え性が気になる方は、冷たい飲み物を出来るだけ飲まない、手足をなるべく冷やさない、シャワーで済ませず湯船にしっかり浸かるなどの工夫をして冷えを防ぎましょう。

自分で出来るお手軽バストアップ習慣

今までバストを小さくしてしまうNG習慣についてご紹介しましたが、反対にバストアップに効果的な生活習慣について紹介していきます。

 

バストアップ効果が期待できるマッサージ方法などに加えて、日々の生活習慣にも気を遣ってみましょう。

睡眠時間をしっかりとる

バストの成長には女性ホルモンの働きが欠かせません。

女性ホルモンは夜寝ている時に活発に分泌されるものなので、しっかり睡眠時間をとることでバストの成長に繋がります。
特にゴールデンタイムと言われる22時~2時は寝ておきたいですね。

もちろん仕事や家事で22時までに寝るのは無理という方も多いと思います。
その場合は、最低でも7時間は睡眠時間を確保し、きちんと寝るようにしましょう。

湯船につかる

バスタイムが好きな女性は多いかと思いますが、毎日湯船に浸かっているという人は意外と少ないのではないでしょうか。

時間がない時や一人暮らしの方はシャワーで済ませがちですが、しっかり湯船に浸かることは重要なポイントとなります。

体を芯から温めることで血行が良くなり、体全体に栄養が行き渡るようになります。
もちろんバストにもしっかり栄養が届けられることになります。

また、お風呂上がりの血行が良い時にマッサージやエクササイズを行うとより効果的です。

食生活に気を付ける

乱れた食生活はバストだけでなく、体全体に影響を及ぼします。

コンビニやスーパーの食材ばかり食べることは栄養が偏ってしまうので、当然バストにも悪い影響を与えます。
バランスの良い食事で体の内側からバストアップを図りましょう。

では、バランスの良い食事ですが、バストアップに効果的と言われる栄養素を積極的に取り入れていくのもおすすめです。

たとえば大豆製品に含まれるイソフラボンは女性ホルモンと似た働きをすると言われているので、積極的に摂っていきたいですね。
豆乳を飲んでいる方も多いかと思いますが、それに加えて、豆腐や油揚げ、納豆などを毎日の食卓に取り入れてみましょう。

その他にも鶏肉や乳製品に含まれるたんぱく質、キャベツ・リンゴなどの果菜類に含まれるボロンなどの栄養素もバストアップに効果的なようです。

普段から食べている方も多いと思いますが、意識して摂取する量を増やすのも良いでしょう。

ただし、何事も適切な量の摂取が基本となります。

バストアップに効果的だからと偏った食品ばかり食べるのは逆効果であったり、太ってしまう原因にもなるので、あくまでもバランス良く取り入れるようにしましょう。

NG習慣に気を付けて健康的にバストアップ

5つのNG習慣をご紹介しましたが、あなた当てはまる生活習慣はありませんでしたか?どれもバストアップを妨げる原因につながるので気を付けましょう。

もし、生活習慣を改善しても中々バストアップしないという場合は、思い切って美容クリニックで効果的なバストアップ施術を受けてみませんか?

バストアップ施術で人気があるのはアクアリフト注入法という豊胸術です。アクアリフトは約98%が水分なので、体内組織にもなじみやすく安全性が高いと言われています。バストに注入することで、2カップ程度の豊胸が可能で仕上がりや手触りも自然なのです。

注射1本で出来る簡単な施術なので、短時間で手軽なバストアップが可能です。シリコンによる豊胸術には抵抗があるという方や、ヒアルロン酸注入だと物足りないという方にはピッタリの施術です。確かな効果を実感したいと思ったら、アクアリフトによる豊胸術がお勧めです。

大きくハリがあるバストを手に入れたら、きっと前向きな新しい自分に変われますよ!

 

 

TOP